タカミクリニックで目の下のクマを除去|きれいな目元を作る

自然な見た目を目指す

胸元

毎年数多くの女性が乳がんにより、乳房摘出手術を受けています。乳がんになってしまった場合には手術を受けることでがんを克服できますが、胸は女性の体の中でとても大切な部分なので胸を取り戻したいと思っている人も多くいるかもしれません。乳房摘出手術後、豊胸手術でシリコンを胸に入れる人もいますが破裂すると体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので危険があります。最近、乳がん患者を対象とした乳房再建が数多くの病院で行われていて、胸の形もシリコンとは違いより自然に近づけられます。乳房再建には2つ種類があり、一番多く使用されている方法は人口乳房手術です。シリコン・インプラントを胸に入れ、自然な胸の形にする方法で豊胸手術に使用されているシリコンに少し似ていますが、体に害がない生理食塩水を使用するため万が一破裂してしまった場合でも体に害はありません。もう一つの方法は自分の細胞を使用する手術です。部分痩せなどに使用される脂肪吸引を利用して、自分の体に蓄積されている脂肪を胸に注入する手術法になっています。人工乳房手術のように長らく効果を持続できない場合がありますが、合併症などの心配がないため体内に異物を入れるのに不満がある人に人気です。乳房再建にはもう一つ方法があります。人のお腹の下には肋骨から下に向かって筋肉が伸びていて、その筋肉を使用して乳房再建する方法です。お腹の下から切除した筋肉を胸に移植する方法ですが、細胞や血管を神経につなげることで筋トレなどをして鍛えることが可能です。男性の胸筋のような働きになりますが、移植を行なう部分は胸の少し下あたりなので自然な見た目が実現できます。