タカミクリニックで目の下のクマを除去|きれいな目元を作る

ぱっちり二重にする方法

医者

日本人は一重がとても特徴できですが、多くの女性が二重にするために毎日のメイクでテープを使用しています。目を二重にすることで印象が明るくなり、メイクなどをやりやすくなります。しかし毎日メイク専用のりやテープを使用してアイプチするのを面倒に感じている人も多いかもしれません。最近、美容整形外科で行っている二重手術が若い女性を中心に大流行しており、20代前半の女性利用者が年々増加中です。二重手術と聞くと皮膚を切って縫うというイメージがありますが、若い女性に人気がある美容整形では、メスを使用せずに手術を行っています。まぶたの皮膚は体の皮膚の中で一番薄いといわれているので、メイク専用のりでも簡単に二重を作り出すことができます。美容整形外科では、まぶたの上に二つの点を結び、自然な二重のラインを作る手術を行っています。糸でまぶたを縫って二重を作る感覚ですが、手術は30分程度で終了するので、その日のうちに帰宅できます。手術を行なうときには部分麻酔を使用しますが、人によっては1週間~10日間ほど目が腫れてしまう場合があります。しかし痛みはほとんどないので、腫れが引き次第以前と変わらない生活を送ることが可能です。美容整形外科で二重手術を受けた後は、以前のようにメイクができますが目を強くこすってしまうと縫い付けた糸がまぶたの中で切れてしまう可能性があるので注意が必要です。美容整形ではアフターフォローが充実しているので、万が一糸が切れてしまった場合でも再手術によって元の二重まぶたに戻すことが可能です。